いきいき職場づくり

アクションチェックリスト(職場改善ヒント集)

アクションチェックリストは、職場環境を幅広い視点からとらえ、どのように改善すると良いか具体的な対策や行動として選択できるように工夫されたツールです。
職場環境改善の視点を4つの視点で整理して、こころとからだ両面からの働きやすい職場づくりを目指します。

アクションチェックリスト(職場改善ヒント集)でとりあげる4つの改善領域

《改善領域1》仕事のすすめ方

例:忙しい時期に備え、また休日・休暇が十分取れるように前もって業務を準備、調整する

《改善領域2》作業場・オフィス環境

例:換気設備、照明、低騒音設備で、快適な作業環境にする

《改善領域3》職場の人間関係・相互支援

例:必要な時に上司に相談したり支援を求めたりしやすいコミュニケーション環境を整備する。育児・介護休暇

《改善領域4》安心できる職場のしくみ

例:職場の将来計画や見通しについて、いつも周知されているようにする

業種別アクションチェックリスト(職場改善ヒント集)

アクションチェックリストの入力方法

自分が働いている職場を振り返りながら各項目をチェックします。

アクションチェックリストへの接続IDとパスワードは、職場の担当者から連絡されます。

【いいえ】のチェック方法

書かれている内容が以下に当てはまるか考えます。

  1. すでに自分の職場では行われている
  2. 新たにその対策を提案する必要がない
  3. すでに対策ができている

1~3に該当する場合は「いいえ」にチェックします。

【はい】のチェック方法

書かれている内容が、自分の職場で提案したほうがよい場合は「はい」にチェックします。
「はい」をチェックすると、右側に「優先する」のチェックボックスが現れます。
「はい」の中でもすぐにでも取り組んだほうが良いと思われる対策には「優先する」にチェックしてください。「優先する」は1~3個選ぶとよいでしょう。

アクションチェックリストは全部で24項目です。各項目を読み、働きやすい職場づくりの視点から、ご自身の職場環境を振り返って、チェックを進めましょう。24項目以外で気づいたり、追加したい対策があれば、「追加項目」の欄に記入してください。

アクションチェックリストを体験してみる

下記IDとパスワードを入力し、ブラウザでお試しいただけます
体験用ログインID:user1@ws または user2@ws
体験用パスワード:password (いずれのログインIDも共通)

個人用ワークシート

アクションチェックリストの結果を振り返りながら、職場の良い点、改善点を整理します。

個人用ワークシートの作成方法

アクションチェックリスト24項目のチェックが終わると、次のような画面になります。

「職場の良い点を3つ選びましょう」にあがっている項目は、すでに「自分の職場でその対策は行われている」として「いいえ」にチェックした項目です。
その対策はすでに行われている、つまり、職場の良い点と考えることができます。

これらの項目の中から、あなたの職場で安全・健康に、快適で働きやすい職場づくりのために役立っている良い点3つをタップ(クリック)して選んでください。

続いて、改善したい点を3つ選びます。

改善したい点は、自分の職場で提案したほうがよいとして「はい」にチェックした項目です。この中で「優先する」にチェックした項目は、「優先」の青い表示で確認することができます。

これらの項目の中から、あなたの職場で安全・健康に、快適で働きやすい職場づくりのために改善したい点3つをタップ(クリック)して選んでください。

あなたの選んだ職場の「良い点」と「改善したい点」が表示されます。
個人用ワークシートは印刷していきいきワーク当日に持参しましょう。

回答いただいた項目は、職場集団としての集計用データとしても活用します。

本サイトは、令和2-4年度労災疾病臨床研究事業費補助金事業研究「小規模零細事業場の構成員に必要な支援を効率的に提供するツールと仕組みを通してメンタルヘルス対策を浸透させることを目指す実装研究(200401-01)」の助成を受けて作成されました。

本サイトで紹介しているいきいき職場づくりのツールの一部は、平成29年度厚生労働科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)「ストレスチェック制度による労働者のメンタルヘルス不調の予防と職場環境改善に関する研究(H27-労働‐一般-004)」の成果を活用しています。これらのツールについては、メンタルヘルスサポートページ(東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野)から全文ダウンロードできます。