いきいき職場づくり

職場環境改善の効果を高めるためのポイント

  1. ① 従業員が主体となること(従業員参加型)
  2. ② 上司が関与すること
  3. ③ 組織の準備性に合わせて進めること

4分でわかる!職場環境が変わるためのポイントを見てみましょう

職場環境改善のための準備性シリーズ ①

職場の準備性とは 職場環境改善を行う上で、従業員参加型の効果が大きく得られると期待できる状態

あなたの職場の準備性は?準備性の4つのレベルについて動画を見てみましょう

職場環境改善のための準備性シリーズ ②

レベルを高めるための方法(参照動画)

【レベル0】

【レベル1】

【レベル2】

【レベル3】

小林 由佳, 渡辺 和広, 大塚 泰正, 江口 尚, 川上 憲人(2019).従業員参加型職場環境改善の準備要因の検討:Basic Organizational Development for Your workplace (BODY) チェックリストの開発.産業衛生学雑誌.61(2):43-58.

本サイトは、令和2-4年度労災疾病臨床研究事業費補助金事業研究「小規模零細事業場の構成員に必要な支援を効率的に提供するツールと仕組みを通してメンタルヘルス対策を浸透させることを目指す実装研究(200401-01)」の助成を受けて作成されました。

本サイトで紹介しているいきいき職場づくりのツールの一部は、平成29年度厚生労働科学研究費補助金(労働安全衛生総合研究事業)「ストレスチェック制度による労働者のメンタルヘルス不調の予防と職場環境改善に関する研究(H27-労働‐一般-004)」の成果を活用しています。これらのツールについては、メンタルヘルスサポートページ(東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野)から全文ダウンロードできます。